車を売る場合の自動車税ってどうなるの?

車を売る場合の自動車税ってどうなるの?

車を売る場合の自動車税はどうなるのかはそれぞれ対応が違ってきます。

 

法律的には車を売ったからと言って自治体から自動車が月割で返金されることはありません。

 

これが大原則です。

自動車税の場合には廃車にしないと払った税金が返ってきません!

 

ただ売った場合には売る相手と相談することになります。

 

友達に売った場合は折半かな?

友達や知り合いに車を売るという人もいますよね。

 

そういった場合には自動車税の折半なんかをする場合もあります。

 

知らない人同士でオークション取引する場合に揉める要因がそこになったりします。

 

ただ基本的には自動車税は4月時点の所有者に税金が来ますので、ほぼ売った人に税金が来るという形です。

 

それを誰が払うのか?という取り決めが必要でしょう。

 

友人に売る場合には売る金額に自動車税を入れたということを伝えると納得するのではないかと思いますよ。

 

一般的には所有している人が払うべきで、売った人と買った人が月割で払うのが揉めないコツではないでしょうか。

 

買取店に売る場合

買取店に売る場合には最初に確認をするべきです。

 

売値に含まれるのか、それとも別なのか。その際にも月割という形になると思います。

 

ただ払う義務があるのは売る人になってきます。

 

名義変更したとしても支払い義務はその年はあなたですから気をつけましょう。

 

それで揉める場合もありますから、4月に売ったとかそういう場合には使用していないのに丸々払わないといけないというようなことになったりしますから要確認です。

 

これは下取りの場合も同じでしっかりと取り決めしましょう。

 

一般的に言ってその年はあなたが払うことになっても不思議ではない法律になっています。

 

ですから売る前に決めるのが重要です。

 

自動車税は4月1日の所有者に支払い義務が発生する

備考ですが、自動車税というのは4月1日に車を所有している人に税金の支払いが来るシステムになっています。

 

1月1日ではないということや、手放したけど関係がないというところもポイントでしょう。

 

とにかく売っても名義変更が遅れるとあなたに税金が来ます。

 

廃車にしたと言っても書類上で廃車になっていないとあなたに税金が来たりしますので、3月中の名義変更や廃車は要注意ですね。

 

業者も忙しいのでうっかりミスとか間に合わなかったとかありますからね…。